>  > 格安シェアハウスの危ない実態

格安シェアハウスの危ない実態

シェアハウスの中にはかなりの低価格で住み込めるものもあります。家賃の安さは魅力的に感じますが、実際に入居するならそれなりの覚悟が必要。激安のシェアハウスには相応の惨状が広がっているケースが多いのです。価格の低さを感じさせる要素の一つとして、「生活音が全て筒抜け」というものがあります。物件によってはパソコンのキーボード音すら響いてしまう場所もあるのです。他人の生活音がうるさいと、日々の疲れも癒やせませんよね。住む場所として利用するには苦しいです。また、一緒に入居する人もいわゆる「ワケあり」であることも多いです。自分が全く異なる世界で暮らしていたような人と毎日を共にするのはかなりの苦痛。共同スペースのマナーも守られないことが多いのが実情です。特にトイレが綺麗に使われていなかったらそれだけでストレスになります。精神的な負担はもちろんのこと、場合によってはあなた自身に危害が及ぶ可能性も……。格安シェアハウスへの引越しを検討している方は、今一度じっくり考えてみてください。

[ 2017-10-14 ]

カテゴリ: デメリット・注意点